一戸建てを建てるならばライフプランを考えよう

住宅の購入を考えるときに悩むのが、一戸建てにするかマンションにするかということになります。土地を持っている人であれば迷わず一戸建てにするかもしれませんが、土地を持っていないとなると一戸建ての購入というのは大変なことです。しかし、両者にはメリットとデメリットがあるので、これからのライフプランを考えて購入する必要があります。一戸建ての魅力は何と言っても財産になるということです。建物が古くなって老朽化が進んでも、土地としては価値があるので資産になります。古くなった建物を建て替えるということも簡単にできます。中古物件として購入して、お金を貯めて立て直すということも可能です。年老いてくると二階を使わなくなるということも懸念されますが、ある程度の土地があるのならば建て直して、平屋にするということも可能です。子供が増えたりすれば増改築も可能なので、お金さえあれば一戸建てはライフプランに合わせて変えることが可能です。しかし、マンションはどうしても先を見越して購入する必要があります。建て直しというのは基本的には考えることが出来ません。急なライフプランの変更には対応できないので注意が必要です。一戸建てを建てるときに、可能ならば注文住宅の方が自由がききます。子供の部屋を広めにして、大きくなったら分けられるようにしたりできるからです。出来る事ならば将来に備えて、お風呂は一階にしておいた方がいいでしょう。一階のみでの生活というのは、年老いてからというだけではありません。けがをしたりすれば階段は大変です。両親との同居ということもありえない話ではありません。赤ちゃんが生まれれば、生活は一階になりがちです。都心などでは土地が狭いためどうしても二階が生活の基準となってしまいがちですが、3階建てにする場合などはきちんとデメリットも把握しておく必要があるのです。安いからといってすぐに購入というのは住宅では危険です。きちんと把握して、一生物になる一戸建てを購入するようにしましょう。

Copyright ©All rights reserved.高級賃貸住宅の不動産について .